日本の住宅で古くから使われている「しっくい」

100年以上も前に建てられたお城の壁や土蔵に使われています。

そのことからもわかるように、しっくいの耐久性は他には類を見ないほど。

この漆喰を贅沢に使った注文住宅「しっくいの家」

木造住宅の壁にはしっくいが似合います。

 

 

内壁外壁共にしっくいのこの家は床に杉のうづくりを使用。

木のぬくもりとしっくいの穏やかさでくつろぎの我が家を実現しました。

耐久性も抜群。

しっくいの特徴として、施工後すぐは白い粉が落ちたり、端部にクラックが入りやすかったりするのですが、年が経つと共に硬化して強く変化していきます。

その性質が生かされているのがお城や土蔵。

「しっくいの家」は長持ちする家としてもおススメです。

もちろん長期優良住宅にも対応することができます。

 

断熱は、壁の中の断熱材も重要ですが、実は窓からの熱損失が一番多いのです。

その窓にはペアのLow-Eガラスを標準装備。断熱効果は抜群です。

 

しっくいの効果は耐久性だけではありません。

しっくいの持つ調湿効果で室内はいつもちょうど良い湿度に保たれています。

そして、空気清浄効果でキレイな空気環境の暮らしができます。

 

帰りたくなる家 しっくいの家

暮らしてみたいと思いませんか?

子育て世代のための新築注文住宅
サラダホーム ロゴ

>>サラダホーム 公式ホームページ<<