家づくり専科トップページ > サラダホーム > 漆喰について

 

 

あなたの住まいは健康ですか?

 

人生で1番大きな買い物「マイホーム」。

もし自分自身の夢のマイホームを手に入れたら、その後は家族みんなが健康で、快適に暮らしていきたいですよね。
しかし、最近ニュースなどでよく「シックハウス症候群」のように住まいが原因となる病気、健康を害することが取り沙汰されています。

報じられるようになってからは、少しずつ建材なども健康住宅対応のものが増えてきていますが、発症している患者数は年々増加しているのが現状です。

建てる前に、もしも自分自身がそういうシックハウス症候群を患ったら...と考えると、家を建てる気もなくなってしまいますよね。

ですから、私たちは住む方々が健康な暮らしをすることのできる住まいづくりをしていきたいと考えています。

今日は、そんな健康を守るための住宅の一つの提案をさせてください。

 

「化学物質」だけが悪いのではない!湿気も原因の一つ。

「住宅と健康」についてマスコミで取り上げられるときは、たいていシックハウス症候群についてだけ紹介していますよね。
シックハウス症候群の主な原因は、建材などに使われている化学物質が空気中に放出され、それを吸い込んだり、触れることによって体が反応し、症状が出るというものです。

実際にそういう化学物質が原因で発症する方々も多くいるのが、現実です。しかしただ、それだけが原因というわけではないのです。

意外と皆さん、意識しないのが「湿気」です。

湿気というと、お風呂であったり、冬の時期の窓の結露であったりを想像するのではないでしょうか。しかしそれだけではなく、屋根裏や床下などあまり気がつかない場所の湿気でカビが生え、人に悪影響を及ぼしている場合も多いのです。

また部屋の中でも湿気を気にしないと、壁のクロスの上に水滴が付着し、カビが生えるということもあります。

湿気は、カビなどが生えるもとで湿気自体はあまり病気と関係ないと思われがちですが、高湿の場所に長くいると、個人差はありますが、食欲不振や吐き気、関節炎など様々な不調が出るケースもあります。

 

世界共通のエコで健康な素材「漆喰(しっくい)」

 

そこで注目されているのが「漆喰(しっくい)」です。

もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土や漆喰(しっくい)で塗られていました。
漆喰(しっくい)は、消石灰に麻スサやのり(ぎんなん草)などを混ぜた自然の塗装材です。化学式で表せば、水酸化カルシウム(Ca(OH)2)が空気中の二酸化炭素(CO2)を吸収して、CaCO3の石灰岩という固いものになるのですから、漆喰は耐火性、耐久性も当然高く、古くから城や土蔵にも使われてきました。 
このように合理的なのに、漆喰を代表とする温式工法は調合や現場での水塗りなど手間と時間がかかるために敬遠される傾向にありました。しかし、私たちが住宅で使用する漆喰はあらかじめ材料を調合したり、漆喰を塗った後に割れにくくするなど独自の工法を開発しました。

 

漆喰の効果

ここで漆喰にはどういう効果があるのか紹介したいと思います。

1.調湿効果

漆喰を塗ると、表面には小さな空気の穴(気孔)があり、周囲の温度や湿度に応じて、その気孔に空気を吸い込んだり、吐き出したりしているのです。

特に夏の暑い時期は、嫌な湿った空気になりがちですが、漆喰の壁の部屋は非常に過ごしやすいと評判です。また冬の時期もよく空気が乾燥しますが、放湿性能が漆喰は湿度をうまく調整してくれます。

2.防カビ効果

漆喰は、高い吸湿・放湿性能があるため、部屋の湿度をうまく調整し、カビが生えにくい環境を作ってくれます。また漆喰自体に強いアルカリ性があるため、カビ・細菌の繁殖を抑制する効果があります。

3.防火性

ほとんど無機の不燃性の素材で出来ています。そのため燃えにくくなっています。江戸時代などは、延焼を防ぐために様々な建造物に漆喰が使われてきました。

4.空気清浄効果

最初にも触れたように、漆喰は常に呼吸しています。また漆喰の持つアルカリ性と空気中のホルムアルデヒド等とが反応すると分解され無害化されます。

調湿と同時に、空気を浄化してくれる清浄効果があります。

5.自然素材

1番重要なのは、これら様々な効果を生み出す漆喰は「自然素材」だということです。

ホルムアルデヒド等を分解する効果があると同時に、素材自体にも害のあるものを含んでいないため、赤ちゃんのいる場所でも安心して使うことが出来ます。

子育て世代のための新築注文住宅
サラダホーム ロゴ

>>サラダホーム 公式ホームページ<<