Category Archive: 住宅と健康

よく聞く「24時間換気」って?

24時間換気は建材に含まれているホルムアルデヒドなどの化学物質による健康被害の問題に端を発したもので、シックハウス症候群の増加に伴って2003年に建築基準法の改正で施行されました。これにより、シックハウス対策としても有効だといわれています。

これには3つの換気方法があります。

第一種換気方式は給気、排気ともに機械で行われるものでもっとも確実な給気、排気が可能だといわれています。

しかし、機械を使うので電気代などのランニングコストがかかるのがデメリットになっています。

第二種換気方式は給気を機械で排気を自然にという方法で給気を強制的にすることで室内の気圧が高まり、排気は自然に任せることができるという仕組みです。

メリットとしては第一種換気に比べて電気代などのランニングコストが少なくて済むということがいえますが、デメリットとして建物の気密によって室内の湿気が排気されにく居事があり、壁体内結露などの原因となる場合があります。

第三種換気システムは給気を自然に任せ、排気を機械で行います。

排気を強制的にすることによって第二種に比べて壁体内結露の発生を防ぐことができます。

電気代などのランニングコストについて一番コストのかからない換気の方法です。

各居室に給気口を設置する必要がありますが、最近は窓サッシの枠に給気口をつけたものが発売され、今までのように壁に穴を開けたり室内に給気口が見えたりすることなく設置ができるようにもなってきました。

高気密工断熱住宅では需要の高い換気方法です。

しかし、本当の意味でシックハウス症候群に配慮するならば24時間換気程度の換気量では対処不可能だという説もあります・・・。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 

当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。

新築の家特有の鼻につく嫌なにおい。あれは?

住宅の空気環境については基準があります。

WHO(世界保健機構)では室内に放出されるホルムアルデヒド量の基準限界を0.08ppmとしています。

日本もこの基準にしたがって取り組みをしています。

具体的にはホルムアルデヒド対策として「放出量の少ない建材への切り替え(いわゆるF☆☆☆☆製品の使用など)が多く、他には24時間換気システムの義務付けなどがあります。

他には、住宅建材に含まれるホルムアルデヒド以外のトルエン、キシレン、エチルベンゼン及びスチレンなどの放散速度基準値が示されました。

基準を満たす住宅建材を使っていれば、シックハウス症候群には対応できる家ということにはなっています。

しかし、対象にならないそのほかの化学物質については、規制がありません。

また、住宅の気密性能が上がったことにより、室内の化学物質が、滞留する傾向にあり、このようなことがシックハウス症候群を発症する原因となっているといわれています。

アレルギーの原因になるものとしては壁の中や壁紙の内側に結露を原因として発生するカビや、ダニの死骸やフンなども上げられています。

このようなものが発生させないための施工や換気も必要です。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。

通常の家造りで建材に含まれている化学物質はどういうもの?

新築住宅によく使われる建材その他から出るVOC(揮発性有機化合物)がもたらすシックハウス症候群などの健康被害は近年深刻な問題になっています。

VOCの代表的なものにはホルムアルデヒド(接着剤、防腐剤)、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、スチレン、エチルベンゼン、パラジククロロベンゼン(いずれも塗料や接着剤の溶剤)などがあります。

接着剤はあらゆる建材に使われています。

壁紙を貼るときだけでなく、合板などを貼り付けているのも接着剤です。

この接着剤からVOCが発散されて、人間の体に害を及ぼし、シックハウス症候群になると言われています。

シックハウス症候群が問題になってから、24時間換気システムというものができました。

家の中の空気を循環させて換気をし、シックハウス症候群に有効とされています。

しかし、それでもまだ、シックハウス症候群は存在します。

一度発症すると完治しにくいといわれています。

VOCは揮発性があるので、換気も有効ですが、年を経るごとに発散する量も少なくなります。

新築直後が一番VOCの害を受け易いということになるわけです。

入居後は換気をしっかりとすることをお勧めします。

しかし、防犯上の理由などで換気がしにくい場合は、キッチンやお風呂、トイレの換気扇を手動にしてまわすと換気ができます。

シックハウス症候群が気になるならばVOCを含まない建材を使った家造りの方法もありますのでご心配なく。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。

建物以外でシックハウスに気をつけたいところは?

シックハウス症候群を懸念して健康住宅を希望する方が増えています。

希望の通りに健康に配慮した家を建てたものの、なんだか体調が悪いと訴える方もいます。

それはなぜでしょうか。

様々な理由があると思いますが、考えられることを少し書いてみます。

家具、カーテンなど、家の外から持ち込んだものにVOCが含まれていることがあります。

せっかく健康に配慮した家を建てても外から持ち込んだ家具に使われている合板から出るVOCが室内で発散され、シックハウスの症状が出る人もいます。

カーテンなども同じです。

こういったものは気をつけていても知らず知らずのうちに室内に持ち込むことが多いようです。

最近は建材と同じようにF☆☆☆☆(フォースター)がついているものもありますのでよく見て購入することをお勧めします。

タバコや殺虫剤などのにおいも、気分が悪くなってしまう方がいます。

重症になり、化学物質過敏症を発症してしまうと、化粧品や花のにおいでさえ反応してしまいます。

そうなってしまうと日常生活に支障が出てしまうのでそうなる前に何らかの手を打つ必要があるでしょう。

建物の内壁に使う漆喰も混ざり物が多かったり、ニセモノだったりと本来の良さを発揮できない場合があります。

それでは健康住宅にはなりませんのでご注意ください。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。