サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅と健康 > 建物以外でシックハウスに気をつけたいところは?

 

建物以外でシックハウスに気をつけたいところは?



シックハウス症候群を懸念して健康住宅を希望する方が増えています。

希望の通りに健康に配慮した家を建てたものの、なんだか体調が悪いと訴える方もいます。

それはなぜでしょうか。

様々な理由があると思いますが、考えられることを少し書いてみます。

家具、カーテンなど、家の外から持ち込んだものにVOCが含まれていることがあります。

せっかく健康に配慮した家を建てても外から持ち込んだ家具に使われている合板から出るVOCが室内で発散され、シックハウスの症状が出る人もいます。

カーテンなども同じです。

こういったものは気をつけていても知らず知らずのうちに室内に持ち込むことが多いようです。

最近は建材と同じようにF☆☆☆☆(フォースター)がついているものもありますのでよく見て購入することをお勧めします。

タバコや殺虫剤などのにおいも、気分が悪くなってしまう方がいます。

重症になり、化学物質過敏症を発症してしまうと、化粧品や花のにおいでさえ反応してしまいます。

そうなってしまうと日常生活に支障が出てしまうのでそうなる前に何らかの手を打つ必要があるでしょう。

建物の内壁に使う漆喰も混ざり物が多かったり、ニセモノだったりと本来の良さを発揮できない場合があります。

それでは健康住宅にはなりませんのでご注意ください。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  2. ウッドデッキが欲しい!
  3. 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?
  4. 日本の住宅の寿命は?
  5. 木造住宅の耐震性能ってどうなの?