サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅と健康 > 通常の家造りで建材に含まれている化学物質はどういうもの?

 

通常の家造りで建材に含まれている化学物質はどういうもの?



新築住宅によく使われる建材その他から出るVOC(揮発性有機化合物)がもたらすシックハウス症候群などの健康被害は近年深刻な問題になっています。

VOCの代表的なものにはホルムアルデヒド(接着剤、防腐剤)、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、スチレン、エチルベンゼン、パラジククロロベンゼン(いずれも塗料や接着剤の溶剤)などがあります。

接着剤はあらゆる建材に使われています。

壁紙を貼るときだけでなく、合板などを貼り付けているのも接着剤です。

この接着剤からVOCが発散されて、人間の体に害を及ぼし、シックハウス症候群になると言われています。

シックハウス症候群が問題になってから、24時間換気システムというものができました。

家の中の空気を循環させて換気をし、シックハウス症候群に有効とされています。

しかし、それでもまだ、シックハウス症候群は存在します。

一度発症すると完治しにくいといわれています。

VOCは揮発性があるので、換気も有効ですが、年を経るごとに発散する量も少なくなります。

新築直後が一番VOCの害を受け易いということになるわけです。

入居後は換気をしっかりとすることをお勧めします。

しかし、防犯上の理由などで換気がしにくい場合は、キッチンやお風呂、トイレの換気扇を手動にしてまわすと換気ができます。

シックハウス症候群が気になるならばVOCを含まない建材を使った家造りの方法もありますのでご心配なく。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  2. ウッドデッキが欲しい!
  3. 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?
  4. 日本の住宅の寿命は?
  5. 木造住宅の耐震性能ってどうなの?