サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅と健康 > 新築の家特有の鼻につく嫌なにおい。あれは?

 

新築の家特有の鼻につく嫌なにおい。あれは?



住宅の空気環境については基準があります。

WHO(世界保健機構)では室内に放出されるホルムアルデヒド量の基準限界を0.08ppmとしています。

日本もこの基準にしたがって取り組みをしています。

具体的にはホルムアルデヒド対策として「放出量の少ない建材への切り替え(いわゆるF☆☆☆☆製品の使用など)が多く、他には24時間換気システムの義務付けなどがあります。

他には、住宅建材に含まれるホルムアルデヒド以外のトルエン、キシレン、エチルベンゼン及びスチレンなどの放散速度基準値が示されました。

基準を満たす住宅建材を使っていれば、シックハウス症候群には対応できる家ということにはなっています。

しかし、対象にならないそのほかの化学物質については、規制がありません。

また、住宅の気密性能が上がったことにより、室内の化学物質が、滞留する傾向にあり、このようなことがシックハウス症候群を発症する原因となっているといわれています。

アレルギーの原因になるものとしては壁の中や壁紙の内側に結露を原因として発生するカビや、ダニの死骸やフンなども上げられています。

このようなものが発生させないための施工や換気も必要です。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  2. ウッドデッキが欲しい!
  3. 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?
  4. 日本の住宅の寿命は?
  5. 木造住宅の耐震性能ってどうなの?