サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅と健康 > よく聞く「24時間換気」って?

 

よく聞く「24時間換気」って?



24時間換気は建材に含まれているホルムアルデヒドなどの化学物質による健康被害の問題に端を発したもので、シックハウス症候群の増加に伴って2003年に建築基準法の改正で施行されました。これにより、シックハウス対策としても有効だといわれています。

これには3つの換気方法があります。

第一種換気方式は給気、排気ともに機械で行われるものでもっとも確実な給気、排気が可能だといわれています。

しかし、機械を使うので電気代などのランニングコストがかかるのがデメリットになっています。

第二種換気方式は給気を機械で排気を自然にという方法で給気を強制的にすることで室内の気圧が高まり、排気は自然に任せることができるという仕組みです。

メリットとしては第一種換気に比べて電気代などのランニングコストが少なくて済むということがいえますが、デメリットとして建物の気密によって室内の湿気が排気されにく居事があり、壁体内結露などの原因となる場合があります。

第三種換気システムは給気を自然に任せ、排気を機械で行います。

排気を強制的にすることによって第二種に比べて壁体内結露の発生を防ぐことができます。

電気代などのランニングコストについて一番コストのかからない換気の方法です。

各居室に給気口を設置する必要がありますが、最近は窓サッシの枠に給気口をつけたものが発売され、今までのように壁に穴を開けたり室内に給気口が見えたりすることなく設置ができるようにもなってきました。

高気密工断熱住宅では需要の高い換気方法です。

しかし、本当の意味でシックハウス症候群に配慮するならば24時間換気程度の換気量では対処不可能だという説もあります・・・。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 

当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  2. ウッドデッキが欲しい!
  3. 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?
  4. 日本の住宅の寿命は?
  5. 木造住宅の耐震性能ってどうなの?