サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅設備 > 適切な採光の取り方とは?

 

適切な採光の取り方とは?



現在の住まいが暗いとか、日当たりが悪いという悩みを持ち、家を建てるなら明るい家にしたいというご希望がよくあります。

敷地の関係上隣家が近かったり、大通りに面していて外から室内が見えてしまうような場合、カーテンを開けることができなくなったり、大きな窓をつけることができなかったりして、なかなか、採光がとりにくいこともあります。

せっかく南面道路の土地を買っても、そのような理由で憧れの南面全解放の窓を取り付けられなかった、なんていう話も聞きます。

しかし窓のとり方を工夫すれば明るい家を造ることができます。

たとえば吹抜けをつくり、上部に窓をつける。

この場合、開閉のできないFIX窓を利用することもありますが、換気や採風のことを考えるとオペレーター(遠隔装置)のついたジャロジーやオーニング窓もおすすめです。

また、先に隣家が建っている土地での注文住宅の建築は窓の位置を合わせないようにしてずらせばお互いに気にならずに生活することができます。

また、西側の窓は細いスリット形のたてすべり窓にしたり、低い位置に取り付けて地窓にしたりすることで日光の入り方を調整することができます。

西からの日差しは日照時間が長くなるので気温が上がったり、日焼けをしたりと嫌われがちですが、上手に取り入れることで明るい居室造りの役に立ちます。

また、トップライト(天窓)は通常の窓に比べて3倍近くの採光を得られるといわれています。

しかし、真夏には日差しが入りすぎて暑くなりすぎることもあります。

寝室の採光には高窓にして横スリットのすべり出し窓を取り付けると外からの視線が気になることもなく、プライバシーも守られて、明るさも確保できます。

日当たりと採光は違います。

日当たりはよすぎると逆に居心地を悪くすることもあります。

住み心地も考えながら家造りができるといいですね。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

関連する記事が見つかりませんでした