サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅設備 > スイッチの種類がいっぱいあって、よく分からない!

 

スイッチの種類がいっぱいあって、よく分からない!



電気のスイッチにも種類があります。

ONOFFだけの一般的なものが一番多く付くでしょうが、階段の上下につける3路と呼ばれるスイッチは上でも下でもONOFFができるので、ほとんどの階段に取り付けられています。

他にこの3路をつかうと便利なのが玄関です。

ある程度の広さのある玄関なら、ドアを開けてすぐにひとつと玄関ホールにひとつ取り付けておけば暗い家に帰ってもすぐに電気がつけられるし、暗くなってから出かけるときにもドアを閉める直前まで電気をつけておくことができます。

また、最近では人間の姿を察知してスイッチが入る人感センサーというものがついている照明器具もあります。

これは玄関や勝手口等に取り付けると家族の出入りにも使えますが、外からの侵入者に対しても効果があるので防犯面でも有効です。

外部に取り付けることのできる防水タイプのスイッチもあります。

センサーにすると猫や散歩の人にも反応することがあるので、気になる方にはこのスイッチもお勧めです。

リビングの明かりには調光機能の付いたスイッチを使うと室内の明るさを調整することができます。

子供たちが勉強するときは明るく、映画鑑賞をするときは暗く、など、ひとつの照明で使い分けをすることができるので便利です。

廊下につける足元灯にもセンサーが付いていて人が通ったときだけ電気がつくものがあります。

つけっぱなしでなく、夜中のトイレのときなど足元に電気がつくことで危険も回避し、まぶしくもない、というスグレモノです。

洗面台や、台所の換気ファンに最初から装備されている照明は天井に照明が付いているとなかなかつけることがないかもしれませんが、ちょっとしたときに使うことができるのと、スポット的に明るくなるのでとても使いやすい照明です。

天井裏などに照明をつける場合、出入り口を閉じてしまうと中の電気がついているのか消えているのかがわからなくなってしまいます。

そんな時にはスイッチが切れているときは赤く、入っているときは青く点灯するものがあります。

暗い中でスイッチが光るようになっているものもあります。

以前のスイッチは手探りで探すことが多かったのですが、今では光で教えてくれたり、センサーが付いていたりするスイッチがたくさん開発されています。

新築のお家を快適にするためにこのような便利アイテムの採用も考えてみてはいかがでしょうか。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 適切な採光の取り方とは?
  2. 新築時の電気配線、コンセントはどうすればいい?