サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅設備 > 命を守る住宅設備って?

 

命を守る住宅設備って?



ヒートショック現象というのは急激な温度の変化によって影響されるからだへのダメージのこと。

たとえば冬の寒い時期、お風呂に入って暖まろうと考えますね。

その時に、浴室にはお湯があり、ゆげがたっていれば暖かそうに感じます。

しかし、本当は、まず脱衣所で服を脱いだときに温度差がからだに影響します。

その後、浴室でかけ湯をすると、からだには暖かく感じますが、そこにも急激な温度変化があります。

そして、浴槽にたまったお湯につかると確かに暖かいのですが、やはりからだには急激な温度変化があり、それは血圧の急激な変化につながります。

そこから脳卒中や心筋梗塞などの血管障害を起こしてしまうことが少なくありません。

冬の入浴中に発作が起きて倒れる人が多いのはそのせいだと考えられます。

一説によれば交通事故で亡くなる人よりもヒートショックで亡くなる人のほうが2倍近くいるとも言われています。

最近では浴室に暖房乾燥機能のついた換気扇を取り付ける人も増えています。

また、新築時に脱衣所にも暖房機を取り付ける人もいます。

埋め込み式でなくても小さめのファンヒーターなどを設置するといいでしょう。

置き場所を考えて火災にならないように注意してくださいね。

お風呂に入るとからだが温まるので温度設定は高めにすることをお勧めします。

見落とされがちなのはトイレ。

狭い空間ではありますが、寒冷地などで全館暖房をしている建物でなければ暖房を入れてから入る人はあまりいないでしょう。

寒いトイレで下半身が寒さにさらされるとやはりヒートショック現象が起きやすくなります。

暖房便座や小さなセラミックヒーターなどを採用したり、窓ガラスに厚手のカーテンをつけたりして冷気が入るのを防いだりという工夫をしましょう。

ヒートショック現象は65歳以上の高齢者や高血圧、糖尿病、心臓疾患、肥満傾向にある人などが起こしやすいといわれています。

そういった点では高齢者のいる家庭ではバリアフリー工事の一環として浴室や洗面室に暖房機を入れるリフォーム工事も必要と考えることもできます。

ちょっとした工夫でも大事を防ぐことができます。プロのアドバイスを受けることもできるので一度相談してみてはいかがでしょうか?

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 適切な採光の取り方とは?
  2. スイッチの種類がいっぱいあって、よく分からない!
  3. 新築時の電気配線、コンセントはどうすればいい?