サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 住宅設備 > 照明器具にはどういうものがありますか?

 

照明器具にはどういうものがありますか?



天井からぶら下げるペンダントライト、天井に取り付けるシーリングライト、壁に取り付けるブラケットライト、天井に埋め込むダウンライト、ひとつのところを集中的に照らすスポットライト、床や卓上に置くスタンドライトなどがあります。

ペンダントライトの特徴としては和室やダイニングなどで全体を照らすのに適しています。

シーリングライトはペンダントライトに比べると、天井に直付けするため、天井が高く感じられます。

リビングなどに多く使われています。

ダウンライトは天井に埋め込むのですが、照らす方向を調節して間接照明に似た演出をすることもできます。

同じことがブラケットライトにも言えます。

ブラケットライトは大きさや形を好みのものが選べます。

間接照明のようにも使うことができるのでお気に入りの空間を演出するのもいいでしょう。

シャンデリアは長さがあるものが多いのである程度天井の高い部屋や吹き抜けなどに利用するといいでしょう。

照明は図面の段階で配線や数の打合せをきちんとしておく必要があります。

建築後に増やそうと思ってもなかなかうまく治まらないからです。

「子供部屋は明るく」「リビングは落ち着いた感じで」「廊下は間接照明で」などといった希望や要望を先に伝えて照明プランニングをしてもらうことをおすすめします。

明るさだけを追求するのではなくおしゃれな演出や落ち着いた雰囲気を希望してみると想像のつかなかった空間が出来上がって、「わが家の自慢」が増えるかもしれませんよ。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 間接照明ってどういうもの?
  2. 命を守る住宅設備って?
  3. 適切な採光の取り方とは?
  4. スイッチの種類がいっぱいあって、よく分からない!
  5. 新築時の電気配線、コンセントはどうすればいい?