サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 土地 > 南面道路付けの土地って何?

 

南面道路付けの土地って何?



南道路の土地は人気がありますがやはり日当たりがいいというのが一番の理由でしょうか。

しかし、南側に道路があると高低差があまりない場合には南に面した居室は道路を通る人の視線が気になるので目隠しの設置が必要になることもあります。

また、庭や物干しも見えてしまうので、気になる人もいるかもしれません。

一般に南道路の土地だと日当たりがいいと思われがちですが、道路の反対側が山や傾斜地だったりすると日が当たらなくなる時間は早くなります。

日当たりだけを考えるならプランでカバーできる部分も多くあります。

二階にリビングを設置する。

往来の視線を気にすることもなく、リビングを明るくすることができます。

トップライトや天井近くの高い位置に取り付けた窓で彩光をとる。

これは位置に注意しないと真夏は日光が入りすぎて暑くなり、遮光の必要が出てくるかもれませんが光を取り入れるにはとても有効な方法です。

また、狭小地ならば、コの字型のコートハウスにするという方法もあります。

コストの面ではアップしてしまいますが、快適な空間ができると思います。

他には南道路だと北側に配置することの多い水まわりに関しての給排水の配管が長くなるということになり、その分のコストが高くなるという可能性があります。

日光の差し込む角度は季節によって変わってきますが、それをうまく利用して建物の配置をすると日照もとりやすく快適な居室を作ることができます。

窓の大きさや位置を考えたプラン作りは住み易い家造りにつながると考えることができるでしょう。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 

当社で土地選びについてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 市街化調整区域の土地を購入するにあたっての注意点は?
  2. 土地選びのときによく聞く「農地転用」って?
  3. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  4. ウッドデッキが欲しい!
  5. 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?