サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 新築住宅 > 吹き抜けの暖房効率ってどうなの?

 

吹き抜けの暖房効率ってどうなの?



吹き抜けを設置したいという希望に対して「暖房効率」を気にする方が多くいます。

開放感が欲しいけれど、冬は寒いのでは?ということです。

確かに暖かい空気は高いところへ上がっていくので吹き抜けから二階へと逃げていきます。

リビングに吹き抜けがある場合、天井にシーリングファンを設置することをお勧めします。

温かい空気を風の力で循環させます。

吹き抜けのメリットとしては先に出た開放感、二階にある居室(子供部屋)との一体感、明るさ、などがあります。

デメリットとしては暖房効率の問題がいちばん大きなものでしょう。

それに吹き抜けの分、二階の床面積が減ってしまうので部屋数を多く取りたい方には向かないかもしれません。

吹き抜けの上部につけた窓からは明るい日差しが入ってきますが、冬は暖かくていいかもしれませんが、夏は暑くなってしまうので開閉のできるものにするといいでしょう。

吹き抜けだけでなく、リビング階段にも同じことが言えます。

暖房が階段を伝わって二階に逃げないようにロールスクリーンやのれんなどをかけるとの工夫をしましょう。

今の住宅は断熱性能も上がっているので吹き抜けからの熱損失よりも窓からの熱損失を考えたほうがいいかもしれません。

カーテンを厚くしたり、遮熱性能の高いLow-Eガラスを使用するなどして熱損失を抑えれば家中が暖かくなります。

ただ、暖房も程度の問題があり、暖めすぎはからだによくないので注意してください。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
 
当社で住宅についてなど家づくり勉強会を行なっています。

詳しくは↓の画像をクリックしてください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 電柱の移設ってどうするの?注意点は?
  2. 日本の住宅の寿命は?
  3. 木造住宅の耐震性能ってどうなの?
  4. フラット35のメリットは何?