サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 賃貸住宅 > 賃貸住宅に入居するときに必要なお金は?

 

賃貸住宅に入居するときに必要なお金は?



一般的には入居時に家賃の5~6ヶ月分のお金が必要だといわれています。

内訳は 1、敷金0~2ヶ月分 2.礼金1~2ヶ月 3.仲介手数料0~1ヶ月 4.家賃(翌月分前払い)一ヶ月+日割り 5、保証料0.5ヶ月分程度 6、火災保険1~2万円 などがあります。

そのほかに共益費や管理費なども翌月分前払いとなります。

敷金は入居する際に預けておくお金で、退去時には返却されることになっていますが、契約書に退去時の原状回復費用相殺と書かれていたら、その分は差し引かれて返却されます。

礼金は大家さんへのお礼のお金で敷金と違い、返却はされません。仲介手数料は不動産会社に支払う手数料です。

キャンペーンなどで無料だったり半額だったりすることはありますが、一般的には家賃の一か月分が必要です。

家賃は翌月分を前払いとなりますので入居する日を含めた月は日割り計算をして契約時に支払います。翌月の家賃1ヶ月分もその時に支払うことがあります。

保証料は保証人を立てる代わりにもしもの場合は保証会社に保証してもらうためのものです。最近は保証人をお願いするよりも、保証会社の保証を条件にすることが多いようです。

火災保険も加入を条件にしているところが多いようです。敷金や礼金もキャンペーンで割引をしている物件があることもありますのでそういうお得な情報は不動産会社に問い合わせをしてみるといいでしょう。

 



関連する家づくりの悩み

関連する記事が見つかりませんでした