サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 賃貸住宅 > 賃貸住宅から退去するときにかかる費用は?

 

賃貸住宅から退去するときにかかる費用は?



賃貸住宅は入居するときに「礼金」と「敷金」というお金を払うのが一般的です。

この「礼金」は貸主さんに差し上げるお金なので戻ってくることはありません。

しかし、「敷金」は家賃の未払いなどが発生したときに充当される預けておくお金なので退去時には返してもらえるお金になります。

しかし、実際は退去時に現状復帰という名目でのクリーニングやリフォーム代を差し引いて返却される場合が多いようです。

中には敷金以上に請求されて退去時に大金を支払ったという話も聞きます。

ペット不可の住宅でペットを飼っていて見つかってしまった場合や、禁止事項として契約書に書かれていることをした場合などは損害金を支払わなくてはならないこともあります。

一度契約書を確認してみる必要がありますね。

また、退去時に請求されることの多い「クリーニング費用」ですが、浴室のカビやキッチンの油汚れなどはなるべくきれいに清掃をして、「大切に使っていた」事をアピールしたほうが有利なこともあります。

また、壁にあいた釘や鋲の穴、床の傷なども原状回復を言われることがあります。

タバコのヤニや冷蔵庫の背面の汚れなどは経年劣化と捉えられ、借主に原状回復の義務を認められないこともありますが、実際は程度の問題と気持ちの問題も大きくあるのでなるべく最初からなるべくきれいに住むべきでしょう。

まれに法外な原状回復費用を請求してくる貸主がいますが、納得がいかないときには第三者に間に立ってもらうなどして落ち着いて話をしましょう。

借主は「住まわせてもらった」貸主は「住んでもらった」というお互いを思いやる気持ちを持ち、円満に退去できるようにしたいものですね。

 



関連する家づくりの悩み

関連する記事が見つかりませんでした