サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 資金 > 住宅ローン借入後は、生命保険の見直し時期って本当?

 

住宅ローン借入後は、生命保険の見直し時期って本当?



住宅ローンの借入をする際には通常団信に加入することになります。

団信があれば住宅ローンの借入者に万が一のことがあったら住宅ローンの残額は団信で支払われ、完済ということになります。

なので、団信加入以前に入っていた生命保険の保険金額や保証内容を見直すことができます。

多くの場合、生命保険で受ける必要な補償として・住居費・生活費・教育費を考えて加入することになります。

ですが、住宅ローン借入と同時に団信に加入するので今までの生命保険の補償から住居費を割り引いて考えることができることになります。

ただし、固定資産税や、メンテナンス費用など、は必要になりますのでその分の補償は残す必要があります。

また、団信に加入することによって、今までの生命保険で本当に必要な補償だけを残してプランの変更をすることができ、保険料を少なくすることもできることになります。

団信の保険金は万が一のときに備えて住宅ローンの残債のみを返済するように考えられていますので、保険料も安くなっています。

なので一般の生命保険を見直して保険料が安くなると家計における保険料を減らすことができるというわけなのです。

なぜ今の生命保険に入っているのかと聞くと、知り合いに保険の外交をしている人がいて付き合いで、という人がよくいます。

言いなりになっていて損をしている部分も多くあります。

見直しをするいい機会なのでファイナンシャルプランナーなどプロに相談して損をしない生命保険の組み方にかえると無駄がなくなっていいのではないでしょうか。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。

 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 間接照明ってどういうもの?
  2. 照明器具にはどういうものがありますか?
  3. 命を守る住宅設備って?
  4. 適切な採光の取り方とは?
  5. 転勤した場合、住宅ローン減税の適用ってどうなるの?