サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 資金 > 団体信用生命保険(団信)ってどういうもの?

 

団体信用生命保険(団信)ってどういうもの?



団体生命信用保険、略して「団信」とは、住宅ローンの支払いの途中でローンの借入者が死亡または高度障害になったときに残された家族や本人に代わって支払われる生命保険です。

これによって住宅ローンの残高を一括で返済してくれる制度になっています。

告知のみで加入することができるのですが、告知の内容(過去3ヶ月の治療、投薬や過去3年間の手術など)によっては加入することができない場合もあります。

団信の特徴はローンの借入者本人に万が一のことがあった場合にはローンの支払いがなくなるというところです。

一般の生命保険と違うところは住宅ローンの残高に対してだけの保険金額となるので、住宅ローンの支払い義務がなくなる以外には手元にお金が入ってくることはありません。

通常、銀行などの民間住宅ローンではこの団信の加入が融資の条件となっていて加入しないと借入をすることができなくなります。

この場合は団信の保険料を銀行負担としている、もしくは金利に組み込みにしているところがほとんどです。

ただし、フラット35や財形住宅融資では団信の加入が任意になっているので既往症があり、団信の告知によって加入できない人でも融資の承認があれば借入をすることができるようになっています。

フラット35や財形住宅融資で団信に加入する場合の保険料は年払いとなっていて、通常は毎年減っていく住宅ローンの残高にしたがって支払う保険料も安くなっていきます。

フラット35の利用をして夫婦連帯債務の収入合算でローンを組んだ場合には夫婦ふたりで加入できる「夫婦連生団信(デュエット)」という制度もあります。

にあたっては住宅ローンの借入と同時に加入することが条件となります。

途中で脱退することはできますが、再加入することはできません。

保険金が支払われない場合もあります。

告知の際、事実と異なる告知をした、もしくは事実を告げたことで契約解除がされた場合。

資金受取日より一年以内の自殺・詐欺行為で契約者となっていた場合。

戦争やその他の変乱による死亡(この場合、規模によっては保険金の一部または全額が支払われることがあります)高度障害になった場合で保険金が支払われないケースとしては、資金受取日前に受けた障害や病気が原因で高度障害になった場合・戦争やその他の変乱による高度障害(この場合、規模によっては保険金の一部または全額が支払われることがあります)・申込の告知欄に告知日現在または過去の健康状態につき事実と違う告知をした、もしくは事実を告げたことで契約解除がされた場合・詐欺行為によって契約者の地位を得ていた場合・契約者の故意で高度障害になっていた場合などがあります。

特に告知事項は何か薬を飲んでいる場合など、自分では軽度の病気と思っているものでもきちんと告知をしないと後で問題になることもあります。

また、特約としてガン、脳卒中、心筋梗塞の三大疾病特約やそれに加えて生活習慣病や女性特有の病気などにも対応する団信を扱っている金融機関もあります。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 適切な採光の取り方とは?
  2. 南面道路付けの土地って何?
  3. 住宅ローン借入後は、生命保険の見直し時期って本当?
  4. 間接照明ってどういうもの?
  5. 隣家との距離の決まりってあるの?