サラダホームトップページ > 家づくりのQ&A > 資金 > 地震保険って必要なの?

 

地震保険って必要なの?



火災から自宅を守るために加入する火災保険。しかし地震が原因で火災が起きた場合は火災保険からの保険金は支払われません(火災費用保険金として火災保険金額の5%、上限を300万円は支払いの対象となります)。

そのために地震保険に入っておく必要があります。地震保険では自身、噴火、津波を原因とする建物と家財が補償されます。

地震保険は任意になりますが、通常火災保険に入る際に地震保険加入の希望を聞かれるようになっています。

地震保険は火災保険の本体と一緒でないと加入することができません。地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30~50%の範囲で設定できます。

しかし、建物は5,000万円、家財は1,000万円を上限としています。

また、保険料は地層や過去の地震経緯の場所(1~4等地に分類する)と、鉄筋、鉄骨、木造、モルタルなどの建物の構造によってかわってきます。

支払われる保険料は、全損(時価の100%を限度に給付)半損(時価の50%を限度に給付)一部損(時価の5%を限度に給付)とされています。

地震はどこの地区でいつ起るかまったくわかりません。地震予報などもありますが、今のところ精度はあまりよくないようです。

しかし、備えあれば憂いなし、とも言うようにいつ起るかわからない災害に対しての備えは万が一に備えての危機管理につながっていくと思います。

保険はあくまでも保険ですが、十分な検討が必要です。

 
 

この他こんなことも知りたいということがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 

お問い合わせはコチラをクリックしてください。
 
家づくりについて役立つメールマガジンも配信しています。
 
厳選した家づくり情報のメールマガジン配信はコチラからお申し込みください。



関連する家づくりの悩み

他の方はこういう悩みを持っています:

  1. 土地選びのときによく聞く「農地転用」って?
  2. 南面道路付けの土地って何?
  3. 住宅ローン借入後は、生命保険の見直し時期って本当?
  4. 間接照明ってどういうもの?
  5. 隣家との距離の決まりってあるの?